USA Travel Visa

安全なESTA処理サービス


 

ESTAを確認、更新:情報を更新または有効期限を確認しましょう。



以下に該当する場合、ESTAの状態の確認が必要です。

  • ESTAの番号を紛失した場合
  • 最後に申請した時期が不明な場合
  • ESTAが有効かどうかが不明な場合。ESTAは、2年間有効です。
  • 家族や同僚等グループのどなたかのESTAの状態が不明な場合

以下の場合にはESTAの更新が必要です。

  • 最後に申請してからメールアドレスが変更した場合
  • 最後に申請してから米国滞在先の住所が変更した場合


 

ESTAの確認、更新にはどんな情報が必要ですか?

渡航認証を更新、確認する場合以下の情報が必要になります。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 国籍およびパスポート発行国
  • パスポート番号
  • 米国での滞在先住所
  • Eメールアドレス

どのようにESTAを更新すればよいですか?

Eメールアドレスまたは米国滞在先の変更がある場合には、渡航認証を更新することができます。このページの緑のボタンをクリックしオンラインフォームの3つの簡単なステップに従ってください。

どのようにESTAを確認するのでしょうか?

ESTA番号を紛失した場合、無効かどうかが不明な場合、その他の理由により渡航認証を確認することができます。(このページ上部に記載された理由をご覧ください)。このページの緑のボタンをクリックしオンラインフォーム上の3つの簡単なステップに従ってください。

パスポート情報が変更した場合にはどうしたらよいでしょうか?

パスポート情報の変更、パスポートが無効になった場合には新規のESTAの申請が必要になります。申請費用は同じです。

ESTAの申請の際に間違ってしまった場合どのように修正すればよいですか?

まだ申請をしていない場合、ESTAのエラーを修正することができます。申請が送信される前にレビューすることができます。その際に確認し修正することが可能です。パスポート情報、氏名、生年月日、新規の申請が必要な場合には$37,00 米ドルが別途必要となります。

Eメールアドレスや米国滞在先の住所のエラー等は、更新機能を使用して簡単に編集することが可能です。

申請後にパスポートの発行日や有効期限の欄をどのように修正できますか?

申請費用が処理されていない場合に限り、パスポート発行日や有効期限を修正することができます。支払いが既に処理されている場合には、新規の申請を行う必要があります。新規の申請を行う場合には、処理費用として$37,00の支払いが必要です。

エラーや間違えはシステムにより削除されます。

有効期限内のESTAがありますが、米国から帰国する際には有効期限が切れます。旅行前に新規のものを申請したほうがよいですか?

いいえ-ビザ免除プログラムの決まりとして、米国への出発日に有効であれば問題ないとされています。有効期限が切れていても米国を出国することができます。

通常のESTAの申請をしたいと考えています。-どのように行えばよいですか?

通常の申請の最中にこのページから移動してしまった場合、ここから申請 をクリックし、4つの簡単なステップに従って申請できます。

 

いますぐESTAを確認/更新  

 

u免責事項:Usatravelvisa.netは、米国政府と提携していない民間企業のウェブサイトです。
Copyright © 2016 All rights reserved